ASMRにとって最高のプラットフォームを。

ZOWAは、ASMRリスナーにとって最高の視聴環境と、ASMRtistにとってしっかりと金銭面の報酬を受けとることのできる場所を提供します。

Our Team

Yuki Yoshinaga

CEO / UX Designer

2016年よりクライアントワークを行うデザインチーム「デザラボ」の代表、スタートアップ企業「Bocchi」にて取締役DEOを務めている。専門はUXデザイン。

自身もASMRのヘビーユーザーで、ZOWAのユーザー体験やビジュアルデザインに強い意欲とこだわりを持っています。

Eiske Sato

Engineer

ZOWAのiOS版のクライアントを担当。フルリモートワーカー。株式会社リビングスタイル、株式会社Bocchiを経て、代表の誘いでZOWAに参画。

自身もASMR好きで、最近は意図しないASMR、「Unintentional ASMR」がお気に入り。

Yuta Totsuka

Engineer

ZOWAのサーバーサイド全般を担当。OneBox Inc. 元CTO。

ウガンダでの滞在経験から、スペシャリティコーヒーのお店「Colored Life Coffee」を高円寺にて始める。そののち、現在は独自コーヒーブランド「MATERIA」とデザインの会社CIALを立ち上げ、同社の代表を務める。

Our Story

ある夜、

その日、いつものようにASMRを聞いていました。
仕事の疲れを癒やし、これから眠りにつこうというタイミングです。

イヤホンをして、リストから好きなクリエイターの動画を選び、スマホをベッドの横に置き、しばらく至福の癒やしの時間を過ごしていました。

しかし意識がまどろみに落ちた頃、私はベッドから飛び起きることになりました。
欲しくもないプロテインの動画広告が、耳をつんざく大音量で流れたのです。

その瞬間、バクバクと高鳴る心臓と冷や汗を感じながら、半ば本能的にイヤフォンを引っ張って耳から引き抜きました。

スマホを恨めしく睨みつけ、アプリを閉じたこの時の気分を一言で表すなら、紛れもなく「最悪」でした。

そのままでは眠れる気がせず、他の動画アプリで再びASMR動画を聞き始めましたが、そのアプリではなかなか満足できません。

好きなASMRtistの動画が無かったことに加え、音質があまり良くなかったのです。

ASMRリスナーの痛み

少し悲しくなると同時に、ASMRリスナーとして大きな「痛み」を感じました。

飛び起こされるのは最悪だ。
ASMRの音は繊細だから、広告なんて本当はやめて欲しい。

だけど、もし本当に広告が無かったら?

動画を作ることでお金が生まれなかったら?

もし本当にそうなったら、良いクリエイターがいなくなってしまうかもしれない。投稿をやめてしまうかもしれない。新しくASMRtistになろうと思う人がいなくなってしまうかもしれない。

お金が理由で好きなクリエイターがASMRを作るのをやめてしまうのは、広告に飛び起こされるよりもイヤだ。

耳に流れる音を聞き流しながらそんなことを考える間に、あることに思い至りました。

「本当にASMRを好きな人が満足できる場所は、実はまだ存在していないのかもしれない。」

聴く側にとっても、作る側にとっても、満足できる場所が必要だと私たちは考えました。
この痛みを解決し、ASMRリスナーとASMRtist双方に良い体験を提供するという至上命題からプロジェクトが発足しました。

そして生まれたのがZOWAです。

折しもいま、ASMRにはブームの兆しがあります。
ZOWAは、このブームのなか生まれてくる新しいリスナーやASMRファン、そして私たち自身が好きなASMRtist全員が使ってくれるアプリを目指していきます。

Information

企業情報

東京都荒川区南千住5-18-12

最高責任者

吉永悠記

設立

2018年

サービス名

ZOWA

事前登録受付中

事前登録する

事前登録すると、β版リリース時にいち早く使えるようになります。
※β版は10月に配信予定です。

Languages

English(coming soon)

日本語